ダンボール回収を無料で行ってもらうときの注意点

ダンボールは私たちの生活のなかに浸透している資源のひとつです。商品などを梱包するときに使うことがほとんどですが、しっかりとした作りのダンボールであれば、様々なものを保管するために使われます。大量の紙類から雑貨類、電化製品などを梱包したり、保管したりすることができるので、とても役に立つアイテムです。世界各国でダンボールは使用されていますが、経済が発展している国では特に使用されています。物流が活発な国において、欠かせないものです。

ダンボールは、小さなものから大きなものまであります。同時に、作っている素材が同じ紙でありながら、強度の違いによりかなり硬いものもあります。重さのあるものもあれば、薄い簡易的なものまで多種多様です。ダンボールそのものが防水加工されているタイプ、ろうなど特殊な素材がコーティングされているタイプもありますが、これらのダンボールは資源として回収できません。

一般的な紙素材のみで作られたダンボールであっても、汚れがひどいものや濡れてしまったものは、無料でも有料でもダンボール回収が基本的にはできないため、処分の際には注意が必要です。ダンボール回収を無料で行ってもらう場合も、これらのダンボールは除外して処分してもらうようにしましょう。